FC2ブログ

久しぶりの美術館

いつもご訪問頂き、ありがとうございます!
よろしく!アニメおかげさまで丸12年が過ぎてしまいました。

プリティ・カフェ・チューリップ.イメージキャラjpg

今日から13年目を迎えるブログですが、これからも飽きずにご訪問の程、宜しくお願いいたします。m(_ _)m




「生誕160年記念 ミュシャ展 美しきアール・ヌーヴォーの華」を開催している新潟市新津美術館を訪れました。
ほぼ半年ぶりの美術館です。(^^ゞ
ミュシャ展

ミュシャ展4077
この絵は昔、缶に入ったお菓子の蓋に描かれていた絵ではないか!
最近は見てないですが、今は無いのかな?

新津美術館4062
初めて見る気がしない・・懐かしい絵が並びます。
新津美術館4031  新津美術館4041

ショコラ・マッソン・カレンダー4092
広告ポスターや雑誌の挿絵など幅広く活躍された人だったのですね。ただのお菓子の箱の絵師では無かったようです。(;^_^A
バラードと歌4084  イン・ボヘミア4086
ショコラ・イデアル4029 オ・カルティエ・ラタン4069 絵フラルト4036

久しぶりに屋内の施設を訪れました。
新潟では5月15日に最後のコロナ感染者が出て以来、今日で20日間新たな感染者は出ていません。
【陽性者数82、退院数81,入院中1,重症者及び宿泊療養中0,】

県外への移動自粛はまだ制限するよう言われてます。
特に関東や北海道への移動が言われますが、重篤になりやすい疾病を持つ私は県外への移動は当分無理でしょう。
県内へのウロウロ行動がまだ続きます。(*^^*)


昨年、手に入れた「山アジサイ(藍姫)」、今年も咲き始めましたが色が違う・・・土が変わると色も変わる?ようです。
山アジサイ(藍姫)矢印山アジサイ(藍姫)8965
昨年は綺麗なブルーでした。→今年は赤!??
葉の色もイマイチでした。(;^_^A



いつもご訪問、ありがとうございます!(^^♪

新ブログランキング 

こちらはブログランキングです。

これからもポチッとクリック
  応援よろしく!
      励みになります。

  ブログトップ←へ

ハプスブルク展

東京駅-1東京2日目は、美術館巡りの予定でしたが皇居の話題が出て急遽行き先を変更しました。(^^ゞ

品川駅から東京駅へ
駅から少し歩けば皇居です。

東京駅から皇居までの道程には、銀杏並木の黄葉がとても綺麗でした。
銀杏並木-3

皇居東御苑に作られた大嘗祭の舞台だった大嘗宮の一般参観が12月8日までで、終わったら取り壊される為伺ったのですが、・・・(;^_^A
皇居1坂下門-1
坂下門の様子ですが、既にすごい列で後戻りが出来ません。
ギャー!来たのは間違いでした。(¯―¯٥)
皇居2富士見櫓  皇居3蓮池濠から石垣
波に飲まれながら前へ歩くだけでした。
富士見櫓が江戸城の代わりに残ってますが、それよりも残ってる石垣の高さ、大きさ、広さなどからもし江戸城が残っていたら、そうとうな大きさだったのでしょうね。
 皇居周辺MAP左皇居周辺MAP右
皇居5紅葉 皇居14紅葉、同心番所 皇居6四季桜
紅葉を見る人も多いのでしょうね。四季桜も咲いています。

皇居10大嘗宮
イモ洗い状態でした。(;^_^A
見なくても良かったです。


午前中いっぱい掛かってしまいました。(T_T)
国立西洋美術館-1
歩き疲れて昼食、上野まで行って公園でどこに入るか思案、疲れから入館出来るのは1ヶ所でしょう。
選んだのは国立西洋美術館の
ハプスブルク展」です。

 img009.jpgimg010.jpg
数世紀にわたり、ヨーロッパの歴史の表舞台で脚光を浴びてきたハプスブルク家のコレクション展です。
多くの肖像画は有名で、本などで見たことのある作品ばかりです。
日本とオーストリア友好150周年を記念する展示品、歴史を積んできた色あせしない油絵の素晴らしさを実感です。(^-^)/
西洋美術館の入り口周辺には有名なブロンズ像で飾られていますが、それもそれぞれ味わい深いですよね。
国立西洋美術館-2カレーの市民1  国立西洋美術館-3考える人
    カレーの市民         考える人(拡大作)

国立西洋美術館-4弓をひくヘラクレス  国立西洋美術館-5地獄の門
  弓をひくヘラクレス          地獄の門

常設展での展示数も豊富で、ほぼ写真OKなので撮ってみました。
国立西洋美術館-8常設展、アンドレア・デル・サルトの聖母子 国立西洋美術館-8常設展、エミール=オーギュスト・カロリュス=デュランの母と子(フェドー夫人と子供たち) 国立西洋美術館-8常設展、グイド・レーニのルクレティア
国立西洋美術館-8常設展、クロード・モネの舟遊び 国立西洋美術館-8常設展、ジャン=マルク・ナティエのマリ=アンリエット=ベルトレ・ド・プルヌフ夫人の肖像 国立西洋美術館-8常設展、ピエール=オーギュスト・ルノワールの「帽子の女」
国立西洋美術館-8常設展、マールテン・ド・フォスの最後の晩餐 国立西洋美術館-8常設展、ヨアヒム・ブーケラールの十字架を運ぶキリスト 国立西洋美術館-8常設展、ヨース・ファン・クレーヴの三連祭壇画:キリスト磔刑
カーソルを当てると、それぞれの作者と絵の名前が分かります。
国立西洋美術館-8常設展、会場


この後に、上野の森美術館の「ゴッホ展」を観たかったのですが、歩き疲れて終わりにしました。東京での2日目はこれだけでした。(^^ゞ
平地でも朝から歩きっぱなしは疲れましたよ~。(*´~`*)



いつもご訪問、ありがとうございます!(^^♪

新ブログランキング 

こちらはブログランキングです。


これからも
  応援よろしく!
      励みになります。

コートールド美術館展

久々の東京でした。新幹線の窓からは富士山が見えます。
富士山

とき9:04朝、家を出たら小雪が舞っていました。
当日は寒い日を向かえるはずでしたが、新幹線がトンネルを抜けると雲一つ無い青空!暖かい(*´∀`*)

久々のネクタイ、もうすることは無いと思ってました。(;^_^A

朝早く出掛けたのは、創業100周年の記念式典に出る前に、美術館を一つは周る目的からでした。
どの美術館にするかは予定変更があるかも知れないので、一番に行きたかった美術館からです。(*^^*)
コートールド美術館展-2
東京駅から上野駅へ戻っての上野公園、東京都美術館からです。
コートールド美術館展チラシ-2コートールド美術館展チラシ-1
伺ったのは「コートールド美術館展」です。(^o^)v
パンフレットや公式ホームページを見た以上に素晴らしい展示でした。
コートールド美術館展-3
もっと時間を気にせず
見たかったですね~(T_T)
音声ガイド(550円)も、私もですが多くの人が付けている為、混んでるうえに進まないので時間を気にして見ていた私は焦りまくりでした。(^_^;

子どものまなざしチラシこの半券で、他の展示室の「子どもへのまなざし」が見れると聞いて時間を気にしながら一回りしたのですが、こちらも大変良い作品たちに出会えました。

子どものまなざし-2豊澤めぐみマジックミラー
例えば豊澤めぐみの「マジックミラー」

子どものまなざし-1
例えば志田翼の「たくさん」

6名の日本人作家から子どもの「愛される存在」、「成長と葛藤」、「生命のつながり」をテーマとした作品が並んでいました。
期待していたわけでは無かったので、思わぬ収穫でしたよ。(^o^)p


足早に上野を後にして、創業100周年の記念式典に臨みました。
東京タワー0
式典は終わり、ホテルでの立食パーティーでほろ酔いになり、あとはホテルでゆっくり・・と思っていたところで、隣で光っていた東京タワーに寄りたいという同僚を連れて久々のお上りさんです。

  東京タワーから-1
今回のお供は久々のデジカメでしたので、ピンボケ。
東京タワーで景色を見ながら、売店でピンバッジを購入です。(*´v`)
東京タワーから-2

一日目の無料の旅は、コートールド美術館展へ寄れたのが良い日でした。本などでしか見れなかった作品、こんなに小さい絵だった!とかも有りましたが、実物の迫力と油絵の色彩の豊かさなど平面の写真等で見るのとは大違いの感動でした。+.(*'v`*)+

一日目はあっという間に終わりましたよ。(*´ω`*)



いつもご訪問、ありがとうございます!(^^♪

新ブログランキング 

こちらはブログランキングです。


これからも
  応援よろしく!
      励みになります。

胎内市美術館へ

いつだったか、コメントで「カメラ屋さんで色んなフォトコンテストのチラシが・・・」と頂いてから、よく行くヨドバシカメラを覗いてみました。
2・8.20胎内の海フォトコンテスト
何枚か頂いてきましたが、それぞれに締日がありました。
中から一番近いものが20日!
「胎内の海フォトコンテスト」
お!間に合わない!(^.^;

「作品の規格は四つ切りサイズ」と書いてあったので、先日の写真から1枚と思ったのですが、「被写体は胎内市内のものに限る」とあり、ほとんどが新発田市の藤塚浜海水浴場のものだったのを思い出しました。(;^_^A

胎内の海は、村松浜海水浴場の風力発電と波の写真だけ・・・(T_T)
今から撮り直しは出来ないので、先日の写真をカメラ屋さんで四つ切りサイズにプリントして頂きました。
郵送だと間に合わないかもしれないので、直接持参致しました。(^^ゞ

写真に題名を付けなければいけないようで、・・・
2・胎内市美術館「風の見える海」で提出、美術館でもその題名で作品受領証を頂けました。(*^^*)
応募は無料で5点までと書いてありましたが、応募資格がプロ・アマ問わず。ですからね~!
まあ無駄だと思いますが、どんなものなのか全く分からないので経験の為に1枚だけ提出することに!

受からない大学を受験したような気分です。
受験発表は9月1日との事でした。(^▽^;)

来たついでに、胎内市美術館と周辺を散策です。ヽ(*´ー`)ゞ
胎内市美術館
まったく分からない石?の世界を見てすぐに外へ出ました。

  胎内市美術館-1
   胎内市美術館です。




目の前に胎内観音があるのでそちらをお詣りすることに・・・
越後胎内観音-5
入り口の山門より山の方に観音様が、・・わかりますでしょうか?(・・;)
山門には金剛力士像、左に「阿金剛」、右に「吽金剛」だそうです。
金剛力士像「阿金剛」  金剛力士像「吽金剛」
山門をくぐって登っていくと、観音様を目の前に出来ます。
越後胎内観音-3

観音様を拝んだ後は、道路を挟んで樽ヶ橋周辺を!
樽ヶ橋-1  樽ヶ橋-2
橋の下から橋桁が覗けます。(*´ω`*)

橋の上から胎内川の流れが見ることが出来ます。
胎内川-2
望遠レンズで撮った画像はクリックで!

樽ヶ橋遊園-1懐かしい樽ヶ橋遊園はまだ営業中!
お~生きてた!(^^ゞ
子供が小さい頃、ウサギと遊んだ記憶がありましたが、今回は外から覗いただけです。
鹿が日影で休んでました。(;^_^A

道の駅「胎内」の脇に温度計がありました。
そう言えば先日記録した日本一を記録した胎内です。o( ̄▽ ̄;)
胎内温度計
最高気温40.8℃が記録されていました。
道の駅「胎内」  胎内マスコット「やらにゃん」
今日も暑くて中でアイスコーヒーを頂きました。
水出しコーヒー
 わ!ヽ(∇⌒ヽ)

 こんな場所で、
 水出しコーヒーが飲める!?

 残念ながら、まだ落ちてない・・

 水出しコーヒーは飲めませんでした。

 コーヒー飲みに帰りましょ!d( ̄  ̄)



いつもご訪問、ありがとうございます!(^^♪

新ブログランキング 

こちらはブログランキングです。


これからも
  応援よろしく!
      励みになります。

市内ぶらり歩き

今日でブログ満11年でした。ヽ(∇⌒ヽ)
ブログ-1
12年目に入ります。
12年目も宜しくお願い致します。ヽ(*⌒o⌒)/

花も一段落、ちょっとこの1週間を簡単に振り返ってみました。〆(・・ )
お付き合い下さいませ。(^ー^)
新潟市美術館-1 28日に訪れたのは、
   新潟市美術館でした。

暑い日は日陰か温度がしっかり管理されている場所に限ります。(^.^;

新潟市美術館常設展-4

見学後は置いてあるパンフレットを見た目で頂いてくるのですが、県外のパンフも多くてそのままゴミ箱行きも出てきます。(ーー;)
しかし・・・相変わらず情けない・・・
体制が悪いのか? 終わったパンフを置いてる意味が分からない!
名古屋市美術館(4月9日~5月26日)「春さきどり」


鳥屋野図書館新潟県立図書館では入り口付近で水彩画が展示されていました。
中で本を読んでいたら、3時間もゆっくりしてしまいました。(^^ゞ

県立図書館前


県立図書館前の散歩道、日陰が多くてベンチでも風が吹き過ぎ気持ち良いものでした。(*^^*)



最新ではNSG美術館で新潟開港150周年記念の個展?らしきものが行われているので見に行きました。
NSG美術館ー1私はたいていパンフレットを見て、行くか行かないかを決めています。(^^ゞ

日本画の渡辺富栄展「船を造る人々」
パンフだけで興味を持ち伺いました。

NSG美術館-1






パンフレットに描かれた絵も実物は素敵でしたが、眼の前で見させて頂いた中で、溶接作業を描いた絵が私は気に入りました。(*´∀`*)
船を造る人「溶接」
新潟港が開港したのは150年前、新潟市には外洋を航行する船を造る造船所が2ヶ所あります。
渡辺富栄氏は、柳都大橋たもとにある造船所で「船を造る人々」というテーマで日本画作品を描き続け25年になるといいます。
どれも力強い作品ばかりで期待以上のものでした。(・∀・)

予想よりも素敵な作品に出会えると感動ものですね。


長くなりそうなので、一旦休止です。(´∀`;)
あと映画の話も書きたかったのですが、次回へm(_ _)m



いつもご訪問、ありがとうございます!(^^♪

新ブログランキング 

こちらはブログランキングです。
今どうなってるか?
見て頂けると嬉しいです。

これからも
  応援よろしく!
      励みになります。

「ぼのぼの」って知ってます?

先日の暑い日に美術館へ避難しました。(;^_^A
新潟市新津美術館-2
新潟市秋葉区にある新津美術館です。
新潟市新津美術館-3 「ぼのぼの」って何?
 アチコチの美術館に出没する
 私ですが、分からない作品でも
 入るという変人な大人です。(^^ゞ

 マニアックな動物が出てきますね。

案内には「有名な動物はもう漫画やアニメに出てきていて何となくイメージが出来あがっているので、できるだけ珍しい動物やあまり注目されてこなかった動物を選ぼうと思った」と書いてありました。
新潟市新津美術館内-1  新潟市新津美術館内-2
主人公のラッコの子供ぼのぼの      アライグマくん

新潟市新津美術館内-5  新潟市新津美術館内-3
    スナドリネコさん         クズリくん
  
美術館入り口から会場までの階段にキャラクターたちがお出迎え
意外と多くの人が見にきていました。
ぼのぼの原画展-4
4コマ漫画と絵本が主なようですが、・・・やっぱり知らない・・(^.^;
若い女性が多かったかな?
ぼのぼの原画展-6  ぼのぼの原画展-2

Youtubeで検索すると出てくる出てくる!(*゜ー^)/
1ヶ載せてみました。なんだかボヤ~としたアニメです。(・・;)
ぼのちゃん-1
どれも5分くらいのアニメですが、これが人気があるのか?
不思議です。なんだか癒やしのアニメっぽい・・( ̄ー ̄)ノ


まあゆっくり冷房に浸っていました。σ( ^ー゜)
昨日今日と過ごしやすい気温です。


いつもご訪問、ありがとうございます!(^^♪

新ブログランキング 

こちらはブログランキングです。

これからも
  応援よろしく!
      励みになります。


画家ルノワールの誕生日

朝起きたら薄っすらと地面が白くなっていました。
深夜に雪が降ったようですが、昼間は良いお天気です。(*´∀`)
s_002.jpg
光だけは春ですね。まだ少し寒いです。^^;

ここは新潟市西区の雪梁舎美術館です。
s_003 (2)国道8号線に面していますが、盛夏に咲き誇る蓮の花が池を覆い尽くすことで多くのカメラマンが訪れる場所にもなっています。
そして越後七不思議のひとつ、親鸞聖人縁起の焼鮒伝説の旧跡として、釈迦堂と石碑が見れますよ。
見ても大したものでも無いですけど・・^^;

純日本の建築で、美術館としてはめずらしい86畳敷きの畳の常設展示室や、天井を太い梁のわたる新制展示室、マイセンの部屋、シャガールの部屋の4つの展示室がありました。

マルク・シャガール版画展 今回訪れたのは、
 「マルク・シャガール版画展」が開催され
 ているとの事で伺いました。(^^ゞ

 20世紀を代表する画家の一人とは思い
 ますが、同時代のピカソやマティス同様
 私にはいまだ理解出来ない画家の一人
 です。(´∀`;)

 今回の展示では女性をモチーフに扱った
 作品群との事ですが、再確認で伺います。
 しかし・・・

 一緒に描かれるヤギや鳥・・・
 なぜそこに描かれるのかが分かりません。
 女性にしても落書きのようにしか見えない
 わたし・・・今回も挫折です。(@_@;)

(コメリホームセンターの社員は従業員価格とかで安く見れるのかな?)



本日2月25日の「今日は何の日」は、
1841年2月25日、画家ピエール=オーギュスト(オギュスト)・ルノワールの誕生日です。(゚∀゚)

2012年のフランス映画「ルノワール 陽だまりの裸婦」予告
ルノワール-1
「浴女たち(ニンフ)」の誕生秘話を描いていると言われる映画です。

現在パリのオルセー美術館に貯蔵されている「浴女たち(ニンフ)」
renoir_baigneuses00.jpgこの作品は、ルノワールが最晩年に手掛けた傑作と言われます。
絶筆でもあるこの絵は、息子ジャンの最初の妻となるアンドレ・ヘスリング(通称デデ)をモデルに複数体の裸婦像を描いた作品でした。
ルノワールは裸婦(ヴィーナス)を沢山描いてますが、昔の裸婦を見ると太っている女性が流行りだったのか豊満で肉感に富んだ肉体で表されている絵が多いですね~!(*´∀`)
楽園的な田園風景と後ろで水浴びする裸婦、そして前面であきらかに巨大化された二体の裸婦の表現が、本人の理想図に合うようで、「生涯において探求した絵画表現の融合的(総合的)作品」とルノワールは言葉を残しており、生涯最高の作品と位置付けていたそうです。

ミーハーの私としては、1880年に描かれた「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」、こうした写術的とも言える描き方が好きです。(*´∀`*)
renoir_irene00.jpg
ルノワールが手がけた肖像画の代表作の一つですが、当時のルノワールの理解者である裕福な銀行家ルイ・カーン・ダンヴェールの三人の女の子の内の末娘だそうです。
ルノワールは自身の娘や子供を画題とした肖像画を数多く手がけていますが、その中でも本作は特に優れた作品として知られていますね。
1890年以降晩年に裸婦が多いのは・・・(ー_ー;)

ヴィーナスを美と見れる爺は、1919年に満78歳という若さで亡くなりました。当時としては長生きの方なのだろうか?

今週は忙しい日々でした。
会議が続けて有ったり、お袋が今年初の救急搬送されたり・・
救急車
救急車が来てから30分も病院が見つからず、市内でも遠い方の東区に有る桑名病院まで行くハメになりましたが、いつものように病院で意識が回復、検査を終えてそのまま入院無しで退院、昨年の10月12月、そして今年2月と段々緊急搬送される間隔が短くなってきています。
次は4月かな?
もう92歳ですからネ~・・・(@_@;)



いつもご訪問、ありがとうございます!(^^♪

新ブログランキング 

こちらはブログランキングです。

これからも
  応援よろしく!
      励みになります。

    (v^-^v)♪ 

上野の美術館巡り(パート2)

最初に行った東京美術館のモネ展は、満員で中々見づらいものが有りました。  モネの人気は凄いものが有りますね!(^-^)
国立西洋美術館-入口
今日は国立西洋美術館の紹介です。(^-^)v

国立西洋常設展チケット 常設展になりますが、
 これも看板に惹かれて
 入る事に!。。(๑≧౪≦)

 同じ西洋の油絵なのに、
 こちらはガラガラ!(^_^;)

 でも入って正解でした~!
      (^∇^*)p

ロダン(考える人)



入ろうか~? 止めようか~?!

考えてたら時間が無くなるので、
入りたいと思ったら入ろ~!:::( ^^)T



国立西洋美術館-内部 常設展の良い所は、
 撮ってはいけない絵もあるけれど
 好きな絵の写真を撮れる事!

 (´ー( ̄ー ̄)v(゜Д゜)v(^O^ )/(-_- )
  ガラガラでしょ。


でも、おかげで色々撮れましたよ!(^-^) 
  画家アンドレア・デル・サルト    アンドレア・デル・サルト(聖母子)
画家アンドレア・デル・サルトの「聖母子」

 画家ジャン=マルク・ナテイエ   ジャン=マルク・ナテイエ(マリーアンリエット・ベルトロ・ド・プレヌフ夫人の肖像)
画家ジャン=マルク・ナティエの「マリーアンリエット・ベルトロ・ド・プレヌフ夫人の肖像」

  画家ピエール=オーギュスト・ルノワール    ピエール=オーギュスト・ルノワール(風景の中の三人)
画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの「風景の中の三人」

  画家フィンセント・ファン・ゴッホ(自画像)    フィンセント・ファン・ゴッホ(ばら)
画家フィンセント・ファン・ゴッホの「ばら」


その他にも、
エルネスト・ローランの「美しい肩」、カルロ・ドルチの「悲しみの聖母」
エルネスト・ローラン(美しい肩) カルロ・ドルチ(悲しみの聖母)

長ったらしいですが、
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエボロ(ヴィーナスによって天上に導かれるヴェットール・ピサーニ提督) ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエボロの
「ヴィーナスによって天上に導かれるヴェットール・ビザーニ提督」
画家マリー=ガブリエル・カペ(自画像)



女流画家のマリー=ガブリエル・カペ
  が自身を描いた「自画像」


等・・・書ききれないので最後に・・・( ̄ー ̄)v


モネの水蓮
画家クロード・モネの「水蓮」と・・・(o ̄∇ ̄)σ 私です。

画家クロード・モネ どうしても一緒に写真に収まりたくて、
 他の見物人へ頼んで撮って頂きました~!(^┰^)
 
 嬉しいよ~!ヽ(⌒‐⌒)ゝ

 常設展ならではの楽しみが、ここに有ります。
 安いし、撮れるし、言う事無しでした!(^-^)v



これで11月も終わりですね。d(^-^)
12月は忙しい月になるので アップは少なくなると思いますが、
気長にお付き合い下さいませ。m(_ _)m

 
いつもご訪問、ありがとうございます!(^^♪

新ブログランキング 

こちらはブログランキングです。

これからも
  応援よろしく!
      励みになります。


上野の美術館巡り(パート1)

東京都美術館へ又伺いました。(^ ^)
東京都美術館
モネ展ですが、念願だった「印象・日の出」は・・見れませんでした。(ToT)
モネ展
 パンフには何処にも書いて無いのに・・・、(>_<)

   「印象・日の出」21年ぶりの東京

 行ったらパンフレットが変わっているし!(ーー;)

     down.gif
モネ展パンフモネ展チケット  チケットには・・・

 「10月18日まで特別出展」って!?

チケットを見るまで分からなかった!(ーー;)

 何か騙された気分です。(。-_-。)


クロード・モネ(印象・日の出)
「印象・日の出」複製だと良さがよく伝わらないですよね~!(`・ω・´)

代わりに観れた作品は、滅多にマルモッタン・モネ美術館から出た事が無いと言われた「ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅」です。(゚∀゚)
クロード・モネ(ヨーロッパ橋、サンラザール駅)
油絵で載せられないのが残念ですが、これも素敵な作品ですね。(^-^)

画家クロード・モネ今回の「モネ展」は、パリのマルモッタン・モネ美術館の所蔵作品で構成されているとの事です。
モネが最後まで手放さなかった作品を遺族から遺贈されたものが中心との事でした。
初期から晩年までのモネ作品90点の充実したコレクションと言われ、日本が好きだった事で知られており、「水蓮」と書かれた作品が非常に多かった事に気づきます。

今回のモネ展は子供などの家族を書いたものも多く、それらは作品と言うより家を飾る今で言う家族写真のような存在の絵だったのでは無いかと思う次第でした。(^O^)モネの家族愛を感じましたよ!



次!
上野の森美術館です。
上野の森美術館(看板) 上野の森美術館
どこにしようか?と思ってたら、看板がいやに目立ったので釣られて入ってしまいました。(^_^;)
肉筆浮世絵パンフ パンフレットを見た時、
 一瞬、春画かなぁ~( ̄▽ ̄)
 と・・・ちょっとエロイ下心で入りましたが、
 間違いでした。(ToT)
肉筆浮世絵チケット
   チケットにも美の競艶とか・・・

葛飾北斎とか喜多川歌麿の名前が有れば、美人画・・私だけ?
浮世絵師が描いた江戸美人100選、アメリカ人の収集家が千点以上のコレクションをしていたそうで、その中から130点の厳選された作品との事。
肉筆浮世絵-1肉筆浮世絵-2
何だか背景にガイコツなんかいたりして、ちょっと不気味です。(>_<)

浮世絵は皆どうして誰が描いても似たような顔、白塗りばかりなのでしょう?

飽きてきました。収集している人の気が知れませんわ・・・(´・_・`)
やっぱり日本画よりも、油絵が好きだなぁ~(。・ ω<)ゞ


時間が無いのでパート2に続く・・・です。m(_ _)m 次回は?



いつもご訪問、ありがとうございます!(^^♪

新ブログランキング 

こちらはブログランキングです。

これからも
  応援よろしく!
      励みになります。


東京都美術館へ行きますよん!(v^-^v)

義姉さんからビワの木を頂きました。(^O^)
土作り
 花壇を作るようになって、
 土づくりをしています。(^_^)

 腐葉土や骨粉、油粕など
 色々混ぜ合わせてただ
 楽しんでいるだけなのですが、
花には何が良いとか自己満足ですが、面白いですよ。(。・ ω<)ゞ

昔オヤジが温室を建てていた場所からは、少し掘ると石灰の塊もいっぱい出てくるし、重宝しています。特に裏ごしをするような事はしていませんが、薔薇なんかもいっぱい花をつけてくれますよ。(⌒▽⌒)

その土を使ってビワの土入りを致しました。(´∀`)
 ビワの木
ビワって、葉っぱがデカイですね~!どれくらいで実を付けるのか?楽しみです。( ̄▽ ̄)


5月16日のブログで花壇の隅で育っていた何の木か不明な木ですが、鉢の中で何か花が咲きそうな雰囲気になってきました。(^O^)
何の木の芽
真ん中に芽出てきているのが分かりますか?(^-^)

 これは何の木なのか?
 そして、どんな花を付けるのか?
 興味津々です。(´∀`)



そうそう!忘れる所でした。今月末に会社の創立記念行事があって、私も行く事になりました。(^-^)
上越新幹線
夫婦での出席を言われましたが、我が家には介護老人が居るもので私一人で東京へ行ってきます。
祝賀行事の前日26日になりますが出発、1晩ホテルで泊まって翌27日朝から行事に参加、新幹線代からホテル代全て会社もちですから、遠慮なく行ってきます。(⌒▽⌒)

東京都美術館のモネ展前日何時の新幹線でも良いらしいので、午前中に出発してまた美術館でも行こうと思ってますよ。(^-^)v

もちろん東京上野にある東京都美術館の「モネ展」です。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2011年12月のブログ「クロード・モネ」でも書いた「印象、日の出」が複製では無く、本物が観れますよ。(^-^)p

26日はモネ展だ~!
いや~良い時期に呼んで下さいましたネ!(v^-^v)



今日は3本目の薔薇をアップです。(^-^)/ 薔薇「セビリア フォーエバー」
 黄バラ「セビリア フォーエバー」-2
次回は赤い薔薇・・・



いつもご訪問、ありがとうございます!(^^♪

新ブログランキング 

こちらはブログランキングです。

これからも
  応援よろしく!
      励みになります。

    (v^-^v)♪
プロフィール

Author:プリティ・カフェ・チューリップ
  チューリップ文字(小)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  いらっしゃいませ~!
 o(^O^*=*^O^)o

2008年6月4日よりスタート
致しました。

どのページでも結構ですので
コメントお願い致しま~す!


リンクして頂けると嬉しいです。
  (*^0^)v ィエーイ☆彡

 マスター

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホームページも右の「リンク」
プリティ・カフェ・チューリップ
より見に来てくださいネ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の日付入りカレンダー

06 ≪ 2020/07 ≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
(*゜ー^)/’`*:;,。・★

過去の全ての記事を表示します。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ご訪問、感謝致します。
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
RSSフィード
d(@^∇゚)/映画館へ行こう!
ユナイテッド・シネマ ユナイテッド・シネマ
無料暇つぶしd(⌒o⌒)b
クロスワードパズル  クロスワード
難易度3段階、
クリア出来るかな~(^-^)


詰将棋 将皇Flash版 詰将棋
入門から上級まで楽しめます。
最初の持ち時間は5分ですが
1手毎に設定してある場合も・・


数字パズル問題集 数字パズル
初級から5段階の難しさまで!



プロ野球順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブログパーツ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

By FC2ブログ
↓ご協力お願いします!
応援宜しく!押してネ!
励みになります!(^o^)V
取引先銀行
画像クリックで確認願います。 TULIP-3.jpg
自作アップヽ_〆(^^♪ 
Youtube作成してみました。 文字又は画像をクリックで、拡大画面でご覧いただけます。

角田山の春(雪割草を求めて)
※6579表紙

五泉の水芭蕉公園へ
水芭蕉公園-ブログ

福島潟の春は菜の花で
福島潟の菜の花ー20表紙

桜の散る頃
空中庭園の桜
101_0470空中庭園表紙

分水おいらん道中 ※分水おいらん道中表

遅咲きのチューリップを求めて
春の装いはチューリップから
春の装いはチューリップから

胎内チューリップフェスティバル
胎内チューリップフェスティバル表紙

北方文化博物館の藤の花
藤の花表紙

五泉のぼたん園を訪れて
五泉市ぼたん園題字

高城のヒメサユリの小径
ヒメサユリ表紙

寺尾中央公園のバラ園
001表紙

初夏のイングリッシュガーデン
初夏のイングリッシュガーデン表紙

五十公野のあやめ園
新発田あやめまつり 004 - 2コピー

護摩堂山のあじさい園
表紙

遊潟公園の素敵な蓮たち
表

わらアートまつり2018
サル2表紙

秋を探して(芦沢高原)
芦沢高原ハーバルパーク

県庁の森、彼岸花によせて
県庁の森表紙

穏やかな海(笹川流れ)にて
笹川流れ-8表題

ヤマドリの道案内
ヤマドリ表紙-2

弥彦公園もみじ谷へ
弥彦表紙

秋の終わりの加茂山リス園で
IMG_4702 - コピー

奥胎内の秋
奥胎内の秋

白鳥の湖、越冬地の瓢湖で
瓢湖-表紙

NHK「わたしの旬」よりアゲハ蝶
アゲハチョウ2匹-1

NHK「わたしの旬」より
白鳥のかけっこ

白鳥-17

(*゜ー^)/’`*:;,。・★TULIP★
文字又は画像をクリックで、拡大画面でご覧いただけます。

好きな映画音楽♪( ´∀`)b
主題歌・投入歌から蘇る映画 忘れられない曲です。
Love Is a Many-Splendored Thing 慕情 慕情(1955年)

East of Eden エデンの東 エデンの東(1955年)

plein soleil プラン ソレイユ 太陽がいっぱい 太陽がいっぱい(1960年)

荒野の七人 荒野の七人 荒野の七人(1960年)

Moon River ティファニーで朝食を ティファニーで朝食を(1961年)

007 From Russia with Love ロシアよりあいを込めて 007 ロシアより愛をこめて(1964年)

MARY POPPINS メリーポピンズ メリーポピンズ(1965年)

For a Few Dollars More 夕陽のガンマン 夕陽のガンマン(1966年)

The Sound of Silence 卒業 卒業(1967年)

A time for us Romeo and Juliet ジュリエット2 ロミオとジュリエット(1968年)

13 Jours en France 白い恋人達 白い恋人達(1968年)

Raindrops Keep Fallin' On My Head 雨にぬれても 明日に向かって撃て(1970年)

Love Story ある愛の詩 ある愛の詩(1970年)

Melody Fair メロディ・フェア 小さな恋のメロディ(1971年)

The Way We Were 追憶 追憶(1973年)

Endless Love エンドレスラブ エンドレス・ラブ(1981年)

An Officer and a Gentleman 愛と青春の旅だち 愛と青春の旅だち(1982年)

Flashdance...What a Feeling フラッシュダンス フラッシュダンス(1983年)

I Just Called To Say I Love You. ウーマン・イン・レッド ウーマン・イン・レッド(1984年)

Theme • Limahl ネバーエンディング ネバーエンディングストーリー(1984年)

The Power Of Love バックトゥザ・フューチャー バッグ・トゥ・ザ・フューチャー(1985年)

Stand By Me スタンド・バイ・ミー スタンド・バイ・ミー(1986年)

Take My Breathe Away トップガン トップガン(1986年)

Ghost - Unchained Melody ゴースト ゴースト/ニューヨークの幻(1990年)

I Will Always Love You ボディガード ボディガード(1992年)

I Will Follow Him I Will Follow Him 天使にラブ・ソングを...(1992年)

A Whole New World アラジン アラジン(1993年)

Titanic タイタニック タイタニック(1997年)

Harry Potter ハリー・ポッターと賢者の石 ハリー・ポッター(2001年)

Beethoven 9na-Sinfonia ベートーヴェン 敬愛なるベートーヴェン(2006年)

Mamma Mia マンマミーア マンマ・ミーア!(2008年)

パイレーツ・オブ・カリビアン パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 生命の泉(2011年)

Let It Go 松たか子 アナと雪の女王(2014年)

Beauty and the Beast 美女と野獣 美女と野獣(2017年)

Godzilla: King of the Monsters ゴジラ表 ゴジラ キングオブモンスターズ(2019年)

YESTERDAY 映画「YESTERDAY」1 イエスタディ(2019年)

好きなYouTube ('-'*)♪
画像をクリックで、拡大画面でご覧いただけます。
結婚報告記者会見 山里亮太と蒼井優    (山里亮太と蒼井優)
Mozart Piano Concerto 26 小林愛実       (小林愛実)  
六月の雨 6月の雨        (別府葉子)
サプライズ プロポーズ サプライ      (フラッシュモブ)
第九 第九      (フラッシュモブ)